愛の起源

心がずっと彷徨っている

hgssの話。その1

ついに、時は来た。


ポケットモンスター 赤・緑』が発売され25年。数ある名作ゲームを産んできたポケットモンスターシリーズだが、その中でも最高傑作として最も名前が挙がる作品がある。『ポケットモンスター ハートゴールドソウルシルバー』略してhgss。赤緑の次に発売された『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル』のリメイク版である。世界で1000万本以上売り出されたにも関わらず、発売から10年以上経った今でも中古でも発売当初から一向に価値が下がらず、かつ未だに需要が衰えることなく取引されている。これがゲーム業界でどれほど異常なことか、hgss神ゲーと言われる所以である。

気づくと私はポケモン歴20ほにゃらら年を優に超えていた。ごく最近bw2をプレイしたが、子供の頃にシリーズ4作目『ポケットモンスター ダイアモンド・パール』をプレイして以来リアルタイムで購入するのは途絶えてしまっていた。このDPt(ダイアモンド・パールの略称)の次に発売されたのがhgssである。

ちなみに私の中ではこのような印象である。

・連れ歩きが神

・シント遺跡のイベントがいい(これは配布ポケモンのみなので体験できない)

・bgmアレンジが最高

・金銀で容量が足りなかった所をリメイク

・バトルファクトリーがある

・DPtのキャラが出る

・いいリメイクを作るのは難しい

ざっとこんな感じ。当時から最高傑作だ、ポケモン愛が詰まった作品だ、色々騒がれていた。正直プレイしたくてたまらなかった。だが、最高傑作なら今するべきでない。人生で本当に必要になった時にすべきだと考え、今までずっと我慢していた。


そしてついに、時は来た。


何を隠そう、職場がコロナで2週間営業中止になったのである。私も気づけばアラサーだ。ゲームをするのにもかなり"いい歳"になってきていた。今しかないと私の心が体を叩き続けてきた。かくして最後のチャンス、そして10年来の思いをメルカリに乗せ、購入した。押してしまった。心がワクワクするということ、このコロナ禍で再現された世の中で久しぶりに感触を得た。ポストに投函されたソフトを出した。パッケージに描かれたホウオウを見た瞬間、外国人ばりの感嘆の声が漏れた。そしてあり得ないほどアドレナリンが私の体内に流れ出し、多幸感が私を包んだ。ウオオオオオおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!世界の中心で愛を叫ぶとはこのことだろうか。もう耐えられない。こんなブログ書いてる場合じゃない。早くやりたい!!!よしやるぞhgss!!!!!!嬉しい!!!!!!!!!!!!!!!!!!